サイロシビン反射

「それはモランですか、それともティトンですか?」私は自分自身に問いかけ、地面から頭を上げ、目の前の山並みに目を細めます。 「まだ、
ラベルを貼って」と答え、さらに薬を求めて、私の隣のバッグからいくつかの選択キャップをつかみます。

私は座って、繊維状菌類を熱心にかみ砕き、思考のカスケードが私の頭に押し寄せます。

私は私の顔の輪郭に対して手の側面を磨き、これらの輪郭が覚えている祖先の世代について考えます。どのように、私たちの物理的な形態に加えて、記憶はまた、これらすべての思考と行動が浮かび上がる噴水頭でもあります。この生活のすべてのことは、最も基本的な形で、実際には記憶の集合にすぎません。そして、私は疑問に思うようになります…。記憶なしで生きることはどんなものでしょうか?信念、ラベル、傾きにとらわれることなく、それぞれの瞬間を白紙の状態とみなすのはどのようなものでしょうか?絶対的な自由はどんな味がするでしょうか?

私は不思議に思っています…もし時間が底なしの井戸であるならば?そして信仰は
単に笑顔で戻ってくるだけ?ほんとうに手放すとどうなるでしょうか?
これらの静的なアイデアを把握せずに生きるには、次のことに固執します。
世界について、宇宙について、自分自身について。宇宙で呼吸し、すべてを解放することができたら、私たちはどのように軽いと感じるでしょうか?

それから私の不思議はさまよい始め、私はすべてのそれらの開いていないドアを考える
探検することができます。パイプ喫煙教授としての自分。多作として
作家。俳優、アスリート、農家、父親、パートナーとして。お願いします
自分自身、「私は本当に自分の可能性を生かしていますか?」
これらの「潜在的な私」は非常によく他のいくつかのポイントを占めています
遠方の次元平面における時空連続体。葉を拾います
地面から、私の人生が茎に枝分かれしているように見える
無限の可能性。葉の中の永遠の痕跡をたどる
それは自分の静脈に流れ込み、抑えきれずに笑い始めます。
「本当に急いでいるのは何ですか?」私は微笑んで頭を振って、自問します。 「得た
結局のところ、すべての時間...」

— — — — — — — — — — — —

「私にとって、木は常に最も鋭い教師でした。彼らが部族や家族、森や果樹園に住んでいるとき、私は彼らを尊敬します...彼らは自分たちの生活のすべての力と、たった一つのことだけに苦労します。
自分自身を表しています。美しい強い木ほど、神聖なものはなく、模範的なものはありません。」—ハーマンヘッセ

そしてこれはなんて美しい強い木なのか
目的:私たち全員のためのインスピレーションとモデル!地球の隙間に深く掘り下げたこのような根の広大なネットワークで…もしこれらの根が私たち自身の自己認識を表すとしたら?私たちが発見し発見した私たちの自己のそれぞれの新しい側面で、私たちは錬金術師の役割を果たします-無意識を意識に、暗闇を光に変えます。そして
根が地球の深部に深く達するほど、
枝は天のロフトに成長することができます。

— — — — — — — — — — — —

子供の頃のことを考えてみると、木登りが大好きだったことを覚えています。その後、途中のどこかで、何らかの理由で、私は登山をやめました。私はもっ​​と熱心になり、他の人が私をどう思っているかをもっと心配しました。私は成長し、文明化し、教育を受け、そして時間をかけて、
徐々に私はかつて私の人生を支配していた不注意と遊びの感覚を失い始めました。

その子供は近所を駆け回っていたずらを引き起こしていますが、彼はまだそこにいます。彼は私たちの抑圧された思い出の奥深くに潜んでいます。彼の
何年も成長するように言われると声はかき消されるかもしれませんが、しばらく立ち止まってよく聞くと、彼の声を聞くことができます。

彼は私たちに尋ねる...あなたはその時間を覚えていますか?時間はお金ではなかったが、時間はちょうど時間であり、お金はストロベリーショートケーキアイスクリームバーまたは野球カードのパックでした。私たちのオフィスが遊び場で、レポートカードが
指の爪の下の汚れで測定します。どれだけ速く走れるかを見るためだけに走るとき。幸福はデフォルト設定でした。すべてでも
私たちに課せられた制限-私たちが食べることができるもの、寝ることができるとき、
誰と一緒に遊ぶことができるか-誰かが実際に私たちを作るために何かをしなければならなかった
不幸。

さて、新しく獲得した表面の自由のすべてにもかかわらず、あまりにも頻繁に、
誰かまたは何かが私たちを幸せにするために起こる必要があるようです。かつて感じたa敬の念と魔法の感覚を再燃させる方法はありますか?知りませんが…
たぶん、この木は問題についていくつかの考えを持っているかもしれません…